ロケットに込めた思い

「fromZEROでAI体験」のロゴはロケットです。今日は、このロケットに込めた思いについて書きました。

私たちが初めてAIを作って動かした時のオドロキは忘れられません。

これ、赤ちゃんと同じやん。教えれば教えるほど賢くなりよるな。ぎょーーーっ。また、賢くなった。

この調子だと1ヵ月で3才くらいになるかも・・と思ったら、次の瞬間、生後3ヵ月に戻ったやないの。一体、何??ってな感じでした。

でも、AIを一生懸命、育てると、0歳児が1歳児、2歳児と成長していくのです。

最初のAIには何も知識を与えていません。ゼロの状態です。言葉を与えると変化するのです。上手に教えると、すごい勢いで成長します。

この不思議な感じ、未知な世界へ飛び出していく感じ。ワクワク感。

AIの不思議な感じは本を読んでも、人の話を聞いても、伝わらんなぁ・・

そうなのです。「AIが人間を超える」、「シンギュラリティ」だとか、わかりませんよね。体験しないと、実感しないと、想像するだけでは面白くありません。

宇宙に行かないと、宇宙のすごさを語られても実感わかないですよね。「fromZEROでAI体験」で、未知の世界に飛び出して、体験してほしいのです。

これが fromZERO.AI の思いです。

「ちょっとアブナイ感じ」、「不思議な感じ」、それを体感することが人工知能時代を生き抜くための大切な大切な第一歩だと信じているのです。

-------

fromZEROには、もうひとつの意味があります。

「AIってなぁに?」というみなさんに、ワクワク体験を届けるという意味があります。

最初は誰でも「AIの知識はゼロ」です。ゼロからAIを体験できるよ。ゼロがイチになれば、後は勢いがつきます。

この2つのfromZEROがロケットに込めた思い。

子どもから大人まで多くの人に感動してほしい。この不思議な力を…

ちょっと、熱くなりすぎたかな (#^^#)

では、また。